ホーム>肩こり

肩こり

肩こり

越谷市北越谷の整体院、北越谷整体センターは、肩こりの施術を得意とする整体院です。

四十肩・五十肩など頑固な肩こりでお悩みなら、迷わず当院へお任せ下さい!!

 

北越谷整体センター 肩こりの写真

肩こりを引起す原因となるものには、様々な要因がありますが、一般的には次のようなものが挙げられます。 (運動不足は除外しました)

① 姿勢によるもの
デスクワークなど長時間同じ姿勢を続けることにより特定の筋肉が収縮し続け、姿勢を支える筋肉の働きが低下してしまい、頭部や腕を支える頚部の筋肉に負担が生じます。それが日々繰り返されると、筋肉の緊張が慢性的になり、筋肉の血行不良も続いてしまい肩こりを感じるようになります。意外と思われるかも知れませんが、腰部の筋肉の緊張による肩こりもあるのです。

② 精神的な緊張によるもの
精神的なストレスにより、体を緊張させる神経系の働きが優位になり、首・肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなってしまうことがあります。精神的な緊張にさらされ続けると肩こりが慢性化する可能性があります。

③ 手、腕の疲労によるもの
肩こりの人は、頭部、頚部、肩などを含めて、アンバランスになり筋肉の機能低下が起きている場合が多いのですが、それは不良姿勢につながり、さらにキー操作やマウス操作などで使う手、指の動作に負担をかけることがあります。すると、手、腕の筋肉が疲労しやすくなり、その二次的な影響によって、肩こり状態がさらにひどくなる可能性があります。

④ 目の疲労によるもの
ただ目を動かすということではなく、繰り返しピントを合わせなくてはならないような細かい作業が続いた場合、焦点を調整する筋肉が酷使されその機能が低下することがあります。すると目からの不快感から、肩こりを起こす筋肉が緊張するように作用することがあり、肩こりや首スジの張りを生じるケースがあります。目を酷使する際に、精神的緊張が加わると自律神経系を乱すことにもつながり、肩こり悪化やストレスによる視力低下も招きやすくなります。

⑤ 冷えなどの温度に関するもの
寒い場所にずっと居なくてはならない場合、体には自然と力が入り、毛細血管を収縮させ体温を逃がさないように反応します。夏に冷房のきいた部屋で過ごす時、また、冷たい風が肩周辺に直撃しているといった場合は、自律神経系も乱れてしまい、肩こり悪化に要注意です。

⑥内臓機能の低下(内臓の病気・未病)
冷たい食べ物や飲み物の取り過ぎ、慢性的なストレスやアルコール類の取り過ぎ、菓子類の取り過ぎ、あぶら物の取り過ぎ、食べ過ぎ、飲み過ぎなどによって胃腸に不具合を生じると、肩こりになる場合が多いようです。ある統計によると、胃腸に不具合を生じている方は、8割程度の方が肩こりの症状も訴えているという興味深いデータもあります。その他、腎機能、肝機能の低下によっても肩こりになる場合もあります。

内臓機能の低下による肩こりの場合には、その痛みのある肩こりの部位をほぐすだけでは、肩こりは改善しないというのはご存知ですか?
一時的には解消しますが、すぐにまた再発してしまうのです。なぜなら、その肩こりの原因が、別の所にあるからです。

このように、内臓機能の低下による肩こりの場合には、肩こりの部位だけではなくて、その根本原因である内臓へのアプローチが非常に重要なのです。その、内臓へのアプローチこそ、当院で採用しております「内臓機能回復手技法」(内臓療法)なのです。

この、特殊な手技療法は、頑固な肩こりはもちろんのこと、腰痛や疲れ気味の方、ストレスが発散できない方やうつ気味の方にも非常に効果的なのですよ。

内臓機能回復手技法」(内臓療法)についての詳細は、こちら⇒ 内臓療法とは

肩こりに関するQ&A

Q: ストレスで肩こりになりますか?

A:ストレスを受けると自律神経によってコントロールされている胃腸の機能がダメージを受けることになります。胃腸は、ストレスの影響を最も受けやすい臓器だといわれています。したがって、胃腸に不具合が生じると、肩こりになる場合が多いことから、「ストレスで肩こりになる」ということが言えそうです。ある統計によると、胃腸に不具合を生じている方は、8割程度の方が肩こりの症状も訴えているという興味深いデータもあります。

 

Q: 頭痛と肩こりは関係ありますか?

A:慢性的な頭痛で、肩こりに悩んでいる方が多いようです。慢性的な頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛がありますが、この中でもいわゆるストレス性の緊張型頭痛で肩こりになる方が多いといわれています。肩こりを一時的に対処するなら、マッサージや肩こりグッズなどで対処できますが、ストレス性の肩こりの場合には、当院で行っております、内臓のコリをほぐし、血液の循環を改善して自然治癒力を高める施術がとても効果的です。なぜなら、肩こりはサインであり、その根本原因は、内臓機能の低下にあるという理論に基づいて、肩こりの根本原因にまで働きかけた施術を行っているからです。当院では、予防医学のスペシャリスト「健康管理士」(日本成人病予防協会認定)と、特殊な内臓療法の資格を有する整体師が、責任を持って施術させていただきます。是非一度お試しください。

 

Q: 目の疲れと腰痛・肩こりは関係ありますか?

A:現代病の一つに、VDT症候群というのがあるのはご存知ですか?
VDTとは Visual Display Terminal の略で、ワープロやコンピューター、テレビゲームなどのモニターディスプレイとキーボードなどの端末のことをあらわします。VDT症候群とは、こうしたVDTで長時間作業を行うことによる眼精疲労や倦怠感といった症状の総称で、テクノストレス眼症とも呼ばれています。目が疲れる、視力が落ちる、目がかすむ、物がぼやけて見える、目が痛むなど、目の症状のほかに、体の症状として、肩こり、首から肩・腕が痛む、だるいなどの症状が起こり、背中の痛み、手指のしびれ、腰痛などいろいろな症状に進展するといわれています。また、ひどい場合には、イライラや不安感を招いたり、抑うつ状態になったりする場合もあると云われています。したがって、目の疲れと腰痛・肩こりは、大いに関係があると言えそうです。仕事でパソコンを良く使う人は、1時間ごとに10分程度の休憩を取った方が良さそうですよ。忙しくて、なかなか取れないかもですが・・・また、遠くの景色を見たり、目薬を使って目の乾きを防ぐのもおすすめします。適度な運動、体操で目や体の緊張を解きほぐすようにすると、さらに効果的です。

 

Q: 高血圧だと肩こりになりますか?

A:高血圧の方は、肩こりになる可能性があります。血圧が高いことで体の中に熱が溜まり、その熱が肩に集中することが肩こりの原因になるのではないか、と言われています。

 

Q: タバコと肩こりは関係ありますか?

A:どうやら関係ありそうです。タバコの中のニコチンは、血管収縮作用があるといわれています。したがって、肩周辺で血行不良が起こると肩こりになってしまうということが考えられます。また、タバコと腰痛の関係は、メタアナリシスという信頼度の高い手法で行った調査でも、その結果は出ていますが、“腰部の筋肉の硬直で、肩こりにもなってしまう” という理論を提唱されている学者もおられることから、タバコと肩こりは関係ありということになりそうです。

 

Q: 老眼で肩こり腰痛になりますか?

A:老眼は40歳前後から始まる誰もがなりやすい目の老化です。水晶体の調節機能が弱まった結果、近いところが見えにくくなる症状を指します。老眼になってしまい、近くが見えにくくなっているのに、”自分はまだ若いから”と無理をしていると、目の疲れはもちろんのこと、肩こりや腰痛、頭痛や吐き気まで起きる場合があると云われています。したがって、”老眼で肩こりや腰痛になる場合がある”といえそうです。

 

Q: 肩こりになりやすい体型ってありますか?

A:太った人と痩せた人、どちらが肩こりになりやすいかといえば、どちらも肩こりになりやすいみたいです。太った人は体重が背骨に負担を掛けて肩こりになりやすいのですが、その他にも糖尿病や高脂血症などの生活習慣病である場合は血流が滞りやすいので肩こりを誘発します。痩せすぎの人は身体への負担は少なく思われがちですが、筋肉の量が少ない場合は、肩の筋肉に負担を強いるので肩こりになりやすいといわれています。

 

Q: 女性に肩こりが多い理由は?

A:女性に多いなで肩は、肩こりになりやすい体型です。なで肩だと肩の筋肉が発達しにくいので肩が疲労しやすく、また腕を持ち上げる時に筋肉に負担が掛かりやすいため肩こりになりやすいといわれています。また胸が豊かな女性は、首や背中の筋肉が前方へ引っ張られて肩こりになりやすいといわれています。

 

Q: 肩こりになりやすい姿勢とは?

A:無理な姿勢を長くとっていると肩の筋肉に負担がかかり肩こりになるケースがありますが、無理な姿勢でなくても同じ姿勢を一定時間保つことが多いと肩こりになりやすいようです。また背中が丸まった姿勢、腹が突き出た姿勢、顎や首が前に突き出した姿勢の場合も、首や背中の筋肉が前方へ引っ張られて肩こりになりやすく、手先を使って細かいことをする仕事などの場合も肩こりになりやすいと言われています。

 

Q: 肩こりに効く食べ物ってありますか?

A:肩こりを回復させるには、ビタミンEなど血行を良くし身体を整える食べ物や、鉄分が多い食べ物、冷え性を緩和する食べ物が効果的と言われています。特に女性は、妊娠中や月経中は鉄分が不足しやすくなりますので、鉄分を多く含む食事へと食習慣を改善することで、肩こりが緩和される可能性があります。また、冷え性も肩こりに多い傾向で、体を冷やす食べ物・飲み物は、なるべく控えた方が良さそうです。

 

Q: 肩こりや腰痛にお風呂は効果がありますか?

A:効果はあります。肩こりや腰痛は、その部位の筋肉が硬くなり、血液の流れが悪くなっている状態です。湯船に浸かって体を温めることにより筋肉がほぐれ、血流が良くなって肩こり・腰痛の軽減になります。お風呂はシャワーだけではなく、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることをおすすめします。そうすることによって、疲労物質である乳酸が押し流され、疲労感が軽くなりますので、肩こり・腰痛にとっては、とても効果的です。ただし、ぎっくり腰などでその部位が炎症を起こしている場合には、炎症が治まる2~3日はお湯に浸かるのは避けるべきです。どうしてもお風呂に入りたい場合には、軽くシャワーを浴びる程度にしましょう。

 

Q: 肩こりを防ぐ胃に負担をかけない食事法は?

A:肩こりを防ぐためには、胃に負担をかけないことが非常に重要です。そのためには、下記の点に留意して食事するようにしましょう。

 

■ゆっくりと良く噛んで食べる

消化液がより働きやすいように、良く噛んでゆっくり食べると、消化・吸収が良くなります。当院でも、肩こりの方は、早食いの方が多いようです。

 

■腹八分目を守る

人の胃は、腹八分目のときに最も消化活動が活発で、それより多いと消化活動が衰え、余分な酸を分泌させて胸やけを起こしたり、粘膜を刺激して吐き気を起こしたりします。また、寝る直前に食べるのも胃に負担をかけます。睡眠中も、胃や他の器官が働かなくてはいけないため、胃液の分泌が狂い、体のリズムが乱れるといわれています。

 

■規則正しく1日3食を守る

避けなければならないことは、胃を空っぽにしておくことです。
人の体は、食事を抜いたり、食事と食事の間が長くあいても、時間がくると、自然に胃酸が分泌されます。空っぽの胃に胃酸が分泌されれば、胃そのものが消化されてしまいます。これは、潰瘍の原因になるだけではなく、すでに潰瘍がある場合には、悪化させることにもなります。胃が空になる状態を出来るだけ避けるために、食事は規則正しく取るようにしましょう。

 

■刺激の少ない食べ物を選ぶ

胃の粘膜を刺激する濃い味付けや、香辛料、炭酸飲料、コーヒーなどの刺激物は、出来るだけ控えましょう。また、熱過ぎたり、冷た過ぎたりするのも、胃に負担がかかってしまいます。
特に冷たい食べ物や飲み物の取り過ぎ・アルコール類の取り過ぎには気をつけましょう。

 

■胃に長くとどまる食べ物を避ける

すべての食べ物は、胃の中に留まる時間が異なります。胃に長く留まればそれだけ胃の負担も大きくなるので、できるだけ時間が短くてすむものを取るようにしましょう。留まる時間が長い(3時間以上)食べ物には、バター、かまぼこ、焼き魚、ビーフステーキなどがあります。焼き魚は意外ですよね~。

 

■食品の組み合わせを考える

胃の粘膜の抵抗力を高めるには、消化が良く、しかも栄養価に富んだ食べ物を取ることが大切なんです。
肉や魚などの動物性タンパク質は、傷ついた粘膜を再生する栄養素になると同時に、胃酸を中和する働きもあります。また、吸収されたタンパク質を効率よく利用するためには、炭水化物やビタミンも欠かせません。特に胃壁を修復するビタミンAとC、胃粘膜を活性化させるビタミンU(キャベジン)は積極的に取った方が良いみたいですよ。

 

参考文献 日本成人病予防協会 予防医学学術刊行物(ほすぴ)110号

 

肩こりで当院の施術を受けられた方々の体験談

■(義広さん 58歳 会社員)

無理なゴルフスィングで腕が上がらなくなってしまい整形外科に行ったら五十肩だと診断されました。痛み止めの薬と湿布薬をしばらく使っていたのですが、一時的に痛みが消えるだけで、なかなか改善されませんでした。そんな折当院を知りお世話になったのですが、一度の施術で重く感じていた肩のこりがすっかり取れ、腕も上がるようになりました。先生の施術を受けて本当に良かったです。大変感謝しています。有難うございました。もっと早く来れば良かったと思っています。

■(公巳さん 18歳 大学生)

肩こりがひどくて夜眠れない程でしたが、施術後、体が軽くなりました。痛いのと、くすぐったいのが苦手でしたが、心地よく感じるようにやっていただいたので良かったです。
お話がおもしろかったし、いろいろなアドバイスもしてくれて良かったです。ありがとうございました。

■(M.Hさん 34歳 主婦)

先日はありがとうございました。数日間、首や肩が痛くて動くのが大変だったのですが、丁寧な説明と時間をかけた施術のおかげで、帰る時には驚くほど身体が楽になっていました。帰宅後も、血行が良くなったのか、足先まで暖かくて久々に気持ち良く眠りに就く事が出来ました。以前通っていた整体は、首等をパキパキ鳴らすような施術の所で、整体に苦手意識がありましたが、こちらは安心して受けることができ、良いところが見つかって良かったなぁと思います。子育て中であちこち痛くなりやすいので、また定期的に通いたいと考えています。

以上の皆さんの直筆の肩こりの体験談をはじめ、その他多くの方々の体験談は、

こちら⇒ 肩こり・腰痛の体験談

 

四十肩・五十肩等のひどい肩こりが、なぜすぐに楽になるのか?

“激痛で腕も上げられない、四十肩・五十肩をはじめとした酷い肩こりが、なぜすぐに楽になるのか”については、それなりの理由があります。

詳細については、こちら⇒ 肩こりや腰痛がなぜすぐに楽になるのか

ページ上部へ