ホーム>新着情報>よくある質問>ストレス・自律神経

ストレス・自律神経

病気を治すには副交感神経を刺激するとよい!

最近の新しい免疫学では、過度のストレスが病気の最大原因だと考えられています。 つまり、過度のストレスによって、交感神経の優位な状態が続くことで、顆粒球が増えてリンパ球が減り、免疫力が下がり、病気が発生するというメカニズムらしいのです。 したがって、病気を治すに…

>>続きを見る

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群は腸に炎症やがんといった病気は無いのに、運動機能に異常が起こり、便通異常(便秘や下痢)を繰り返す病気です。 ストレスが関係する典型的な現代病で、日本人の5~10人に1人が、この病気の診断基準に当てはまると云われています。 今まで、これほど腸の病気が多発…

>>続きを見る

自律神経とは?

自律神経とは、自らが意識しないでも自然に体の各機能を調整するように働いてくれる神経です。汗をかいたり、ホルモンの分泌を調整したり、心臓を動かしたりします。 自律神経は、活動的な交感神経と、休養するための副交感神経が相互にバランス良く働きながら、動いたり休ん…

>>続きを見る

自律神経の乱れで肩こり腰痛になりますか?

自律神経のバランスが乱れると、肩こり腰痛はもとより、頭痛やめまい、胃腸の不調、動悸などの身体機能や精神面に、様々な症状が出るといわれています。 病院の検査では問題が無いのに、上記のような症状で、どうも調子がおかしいというような場合は、典型的な自律神経の乱れ…

>>続きを見る

胃がストレスに弱いのはなぜですか?

健康管理士としてお答えします 食べ物の消化に欠かせない胃液の分泌は、自律神経によって行われていますが、急激に強いストレスを感じると、交感神経の働きが活発になり、内臓に行く血液量が減り、胃の蠕動(ぜんどう)運動は弱まってきます。すると胃液の分泌も減り、その結果食欲…

>>続きを見る

疲労の原因にはどんな種類がありますか?[うつ・ストレス]

疲労の原因は、だいたい次の4種類に分類できると思われます 肉体的疲労 ストレスによる精神的疲労 環境が原因となる疲労 病的疲労 上記①~③については、自然に回復できる「生理的疲労」と言われていますが、 ④の病的疲労は、ウイルスや病原菌への感染、がんなどの慢性疾患、精…

>>続きを見る

人はなぜ疲労を感じるのですか?

人が活動することによって「疲労」を感じるのはごくあたりまえのことです。消耗した体や脳は「休息」を必要とし、「休息しなさい!!」という警告のシグナルを出します。 これが、「疲労」という現象です。なぜそうなるのか、正確なメカニズムはまだ解明されていないようですが、…

>>続きを見る

疲労する人、しない人ているのですか?

筋肉に乳酸がたまると、筋肉疲労が起こるといわれています。 普通なら、乳酸は血液に運ばれて取り除かれるため、こうした疲労感は時間が経てば回復します。しかし、血液循環の悪い人はなかなか乳酸が消滅しないといわれています。したがって、疲労も抜けにくくなるというわけです…

>>続きを見る

疲れをとるためにはどうすれば良いですか?[疲労・ストレス・うつ]

十分な休養と睡眠をとることがとても大切なことです 理想的な毎日の睡眠時間は、7~8時間程度といわれていますが、時間より「質」のほうが重要で、睡眠時間が短くても熟睡出来れば良いといわれています。 マッサージやお風呂も効果的です 滞った血行を促進するためには、マッサー…

>>続きを見る

軽いうつです。うつ症状で肩こりや腰痛になりますか?

うつ症状で肩こりや腰痛になる可能性は大いにあります。当整体センターでは、東洋医学的見地から、うつは内臓機能の低下であり、内臓は、筋肉を支配している。と、とらえています。 したがって、うつ症状で肩こりや腰痛になる場合があります。 西洋医学的見地からも最近、北里大…

>>続きを見る
ページ上部へ