ホーム>新着情報>院長日記

院長日記

健康管理情報 にんじん

にんじんは、代表的な緑黄食野菜で、βカロテンの多さが特長の1つです。 βカロテンは体内でビタミンAに変換され、鼻や喉の粘膜を丈夫にし、風邪などの細菌感染を予防する作用があります。 また、目との関係が深く、視力維持の作用や現代人に多いドライアイを防ぐ役割…

>>続きを見る

健康管理情報 さけ(鮭)

さけは赤みを帯びているので赤身魚と思われがちですが、実は白身魚に分類されます。 さけの赤い色は「アスタキサンチン」という色素成分で、非常に抗酸化作用が強く、動脈硬化、がん、白内障、胃潰瘍などの予防に効果的だといわれています。 また、さけは消化、吸収の良い良質…

>>続きを見る

健康管理情報 旬の食材 いくら

いくらの旬は9~10月で、秋鮭と重なります。 その呼び名は、ロシア語由来で「魚卵」や「小さな粒々したもの」を意味します。鮭や鱒の成熟卵の薄皮をはがして一粒ずつ離し、塩漬けや醤油漬けにしたものが一般的ないくらです。 ちなみに、薄皮をはがさずそのままのものを「すじ…

>>続きを見る

不眠対策

最近当院へご来院されるお客様の中で、「なかなか眠れない」と、不眠症気味の方が多いように思います。 そこで、今日は健康管理士の立場から、不眠対策について考えてみたいと思います。 夜の睡眠が阻害されると、眠気やだるさ、集中力低下など日中にも障害が現れます。 した…

>>続きを見る

健康管理情報 栗

栗の主成分はデンプン質ですが、ビタミンB群やカルシウム、カリウム、鉄分、ミネラル成分をバランス良く含んでいます。 なかでも炭水化物の代謝にかかわるビタミンB1、ナトリウムを排出する働きのあるカリウム、食物繊維などが多く含まれています。 また、渋皮にはポリフェノ…

>>続きを見る

健康管理情報 さんま(秋刀魚)

さんまは秋の味覚として美味しいだけでなく、栄養的に非常に優れた青魚です。 さんまには、必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質のたんぱく質や、貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムと、その吸収を助けるビタミンD…

>>続きを見る

旬の食材 ピーマン

ピーマンにはビタミンCやカロテンが豊富に含まれています。 ビタミンCはレモンの2倍近く含まれ、夏バテを防ぎ、疲労回復や日焼けによる肌へのダメージ予防に効果を発揮します。 ビタミンCは熱に弱いといわれていますが、ピーマンに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくく、…

>>続きを見る

旬の食材 カンパチ

カンパチはブリの仲間で、成長するにつれて呼び名が変わる出世魚です。眼を通る暗色の斜帯があり、これを上から見ると「八」の字に見えることから間八(カンパチ)と呼ばれるようになりました。 カンパチは栄養価も豊富でDHAやEPA、タウリン、ビタミンB12、ナイアシンなどを多…

>>続きを見る

旬の食材 ぶどう

ぶどうには多くの種類があり、品種ごとに収穫時期が異なりますが、おおむね品質的に安定して美味しい食べごろの旬は7月~10月頃といえそうです。 ぶどうには体内に吸収されやすいブドウ糖や果糖などの糖質が多く含まれており、これらは体内で短時間でエネルギーに変わるため、…

>>続きを見る

旬の食材 スイカ(西瓜)

スイカの90%以上は水分で、汗をかいたときの水分補給には最適で、その果汁にはβカロテン、リコピン、カリウム、ビタミンB6などが含まれています。 βカロテンは体内でビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の健康維持、ウイルスや細菌の侵入を防ぐ、ガン予防などの作用があ…

>>続きを見る
ページ上部へ