ホーム>新着情報>院長日記

院長日記

腸は考え、判断し、自ら行動を起こす

小腸、大腸には、脳と同様に多くの神経細胞が存在していることが分かっています。その数は、大脳の神経細胞の約140億個に比べれば少ないものの、約1億個と脳に次いで2番目に多い数だそうです。 ちなみに、腸以外の臓器では、反射運動を脊髄が関与し、中枢神経系からの指示で動い…

>>続きを見る

過敏性腸症候群とうつ・不定愁訴の関係(胃腸の不調は脳に伝わる)

過敏性腸症候群の人の中には、うつ症状やさまざまな不定愁訴が現れることがあります。 うつ状態は、脳がストレスを受けており、自律神経の失調を引き起こすので、肩こりや頭痛などの身体症状を伴います。 また、生理不順や月経困難症の女性は、一般的に胃腸の働きが悪いため、…

>>続きを見る

脳の不調は胃腸に伝わる

脳と胃腸は、自律神経でつながっています。 自律神経は、内臓や血管などに分布し、消化や吸収、血液の循環、代謝などの働きを調整するなど、人間が自分自身ではコントロールできない神経です。 交感神経と副交感神経という相反する働きをする2つの神経からなり、交感神経は体の…

>>続きを見る

胃の不調は、腸の不調

胃はとてもデリケートなので、ストレスや生活環境の影響を受けると、すぐに症状が現れます。時には怠けることもあり、疲れると食べ物を十分に消化しない状態で腸に送り出してしまう場合もあります。また、消化活動を休み、その代わりに腸に働いてもらうこともあります。 腸は胃…

>>続きを見る

ストレスと胃腸の密接な関係

ストレスと胃腸の密接な関係ご存知ですか? 現代は、大ストレス社会と言われています。 胃腸は心理的な影響を受けやすく、ストレスなどでどこかに不調が出ると、胃腸の役割である消化・吸収・排泄の調子が悪くなることがあります。 会社や人付き合いのストレスなどから、急に…

>>続きを見る

越谷で整体院をお探しなら"北越谷整体センター"へ

当院では、予防医学のスペシャリスト「健康管理士」と特殊な「内臓療法」の資格を有する整体師が、責任をもって施術させていただきます。 腰痛・肩こり・全身疲労等でお悩みの皆さん、ぜひ一度、当院の無痛・ソフト整体「内臓機能回復手技法」をお試しください。 「内臓機能回…

>>続きを見る

花粉症対策には、口呼吸ではなく、鼻呼吸がおすすめ!!

間もなくスギ花粉飛散の時期を迎えます。花粉症対策は万全ですか? 今年の花粉飛散量は、例年の2倍から場所によっては10倍程度と予想されています。したがって、早めに花粉対策に取り組んだ方が良さそうですよ。 そこで今日は、「花粉症を根治するには、日本人の大半が行う…

>>続きを見る

晩秋に朝顔?

愛犬マロンと散歩中に、いつも見かける "朝顔" なんですが、 晩秋だと云うのに、まだ頑張って咲いているのです。 ほら、こんなにキレイに咲いていました。 実は、この朝顔、タダものではないみたいですよ。 どうやら、和名 「ノアサガオ」という花らしいです。 関…

>>続きを見る

黄色いパンジーの花

今朝愛犬マロンと散歩中に見つけたパンジーの花です。 とても鮮やかで、可愛らしく咲いていたので 思わず携帯のカメラのシャッターを押してしまいました。

>>続きを見る

病気を治すには副交感神経を刺激すると良い

最近の新しい免疫学では、過度のストレスが病気の最大原因だと考えられています。 つまり、過度のストレスによって、交感神経の優位な状態が続くことで、顆粒球が増えてリンパ球が減り、免疫力が下がり、病気が発生するというメカニズムらしいのです。 したがって、病気を治すに…

>>続きを見る
ページ上部へ