ホーム>新着情報>院長日記>熱中症(処置)
院長日記

熱中症(処置)

いつもお世話になっております

北越谷整体センターです

 

みなさん梅雨も終わり初夏をにじませるこの暑い中どうお過ごしでしょうか?

 

今日はこの時期気を付けていただきたい「熱中症」についてお話したいと思います

 

単に「熱中症」といえどどのようなものなのかというと

熱中症とは、高温多湿の環境下において体温を下げるための機能が体温が上がるのに追いつけずに高温状態となり、様々な症状が起きてしまうことの総称です。

 

一般的な症状としては

・めまいや顔のほてり

・倦怠感や悪心、嘔吐感

・筋肉の痙攣やつり

・脱水症状

などがあり

重症化すると意識障害や最悪の場合死に至るとても恐ろしい症状です

 

厚生労働省の調べによるとここ10年の熱中症による死亡者件数は平均して1年間で約840人

平成22年度には1年間で1731人もの方がなくなられています

 

このようにたかが熱中症といえどとても恐ろしいものに変わりはありません

ですが熱中症を発症したとしても適切な処置をすれば問題ありません

 

処置としては

・涼しい場所への移動

→日陰や風通し良い屋内へ移動しましょう

・水分の補給

→水やスポーツドリンクなどで失ってしまった電解質やミネラルを補充しましょう

・体を冷やす

→着ている衣服を脱ぎ脇の下や内もも、首回りをアイシングし体温を下げてあげましょう

 

それでも身体の熱が下がらなかったり意識障害や嘔吐感などが続く場合にはすぐに救急車をよぶことをお勧めします

 

これからますます気温も上がり熱中症のリスクが高まってくる季節になります

しっかりと対策・予防・知識をつけて楽しい夏をお過ごしください

 

LINEでのご予約はこちら↓

2018519143448.pngのサムネイル画像

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seitaicenter.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/364

ページ上部へ