ホーム>新着情報>院長日記>塩分の摂り過ぎで腰痛に?
院長日記

塩分の摂り過ぎで腰痛に?

塩分の摂り過ぎで腰痛になるのはご存知ですか?

腰痛になるばかりか、生活習慣病の原因にもなります。

今日は、塩分の摂り過ぎで起こり得るリスクについて、考えてみたいと思います。

まず上げられるのが、高血圧です。高血圧になると、脳卒中や心臓病のリスクが高まるばかりか、眼底出血や大動脈瘤、腎硬化症、腎不全まで引き起こすと言いますから、怖いですねぇ。

あと、胃がんになるリスクもあるらしいです。胃がんについては、なんとなく理解できますが、なんと、ぜんそくや骨粗鬆症も引き起こす要因にもなる、という説もありますから、塩分の摂り過ぎには十分気をつけたいものです。

あと、体内に入ってしまった塩分を「排出する」という意識がとても重要らしいですよ。

そのためには、適度な運動を行うこと。特に、ウォーキングなど、コツコツと続けられる有酸素運動が効果的とか・・・

もう1点は、食事。これについては、余分な塩分を摂らないことに加え、体内の塩分を排出する作用のある"カリウム"の摂取がポイントとなるようです。つまり、カリウムを多く含む野菜や果物、イモ類、魚介類を積極的に摂ることが大事ということらしいです。

・・・・・・
なんだかエラそうにゴメンナサイ。

 

参考関連記事 ⇒ 奥様が腰痛だとご主人も腰痛に?

       ⇒ 腰痛 

 


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seitaicenter.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/78

ページ上部へ