ホーム>新着情報>院長日記>美容と健康のためにウォーキングを!!
院長日記

美容と健康のためにウォーキングを!!

今、まさにスポーツの秋。みなさん何かスポーツをされていますか?

スポーツは体に良いことはわかっていても、なかなかやる機会が少ないですよねぇ。

 

そこで今日は、スポーツとまではいかないのですが、腰痛・肩こりの解消はもちろんのこと、美容と健康のために、手軽に始められるウォーキングを!!

と、いうことで、ウォーキングのオススメです。

201417183425.gif

ウォーキングのさまざまな効果については、ジョギングよりも、他のスポーツよりもはるかに安全性が高く、美容や健康に十分貢献できる運動だということが理解され、今、非常に注目されて来ております。

1日の理想的な歩数は、一万歩といわれています。(仕事や通勤通学等も含む)

 

なぜ一万歩なのでしょうか?

平均的な日本人が、1日で「摂取するカロリー」から「消費するカロリー」(必要とするカロリー)を引くと、 約300kカロリー程度らしいのです。 この300Kカロリーを健康維持のために、運動によって消費する必要があるのです。

つまり、この300kカロリーを消費するために必要な歩数が、約1万歩だといわれています。消費しなければ、その分、余ったカロリーが毎日溜まっていくことで肥満につながっていくというわけです。怖いですねぇ…

下記は、消費カロリーに必要な時間と歩数の目安です。

    100Kcal = 30分      3000歩
    200Kcal = 60分      6000歩
    300Kcal = 90分      9000歩

 

「2008年版食育白書」によると、

1日の歩行数は全国平均で成人男性 7525.5歩、成人女性 6662.6歩。

と発表されています。

しかし、このデータは、スポーツをしている人も含まれていると思われますので、日頃スポーツをされていない方の平均は、かなり落ち込むはずですから、概ね5,000歩~6,000歩と考えても良いのではないでしょうか。

みなさん、

毎日10,000歩めざして頑張りましょう!!

歩くことの健康効果は?

① 脳の老化や認知症の予防

 足腰の筋肉を使うと大脳が刺激されるので、老化や認知症の予防になります。

② 血行を良くして高血圧の予防

 血管が拡張し血流が良くなり、高血圧の予防になります。歩行で筋肉が刺激され
 ると毛細血管が発達し、新陳代謝が活発になります。

③ 肥満の防止

筋肉の長時間の収縮は、脂肪を燃やして(酸化)、それがエネルギーを生みます。歩くと大量に酸素が供給され、効率よく脂肪が使われます。

④ 動脈硬化の予防

 血管壁に付いた悪玉コレストロールを取り去り、善玉コレストロールを増加させ
 ます。

⑤ ストレスの解消

足の裏に心地よい刺激を与えて、自律神経を安定させます。

⑥ 美肌効果

ウォーキングを続けると、汗をかき、新陳代謝も活発になり若々しい肌を保てます。 さらに有酸素運動によって血液の循環もよくなり、皮脂が分泌されてお肌も潤ってきます。 内蔵機能の正常化作用もあり、根本的な美肌に効果があります。

⑦美客効果

昔から運動をすると足が太くなるという声がよくありますが、筋肉はそう簡単には太くなりません。 それどころかウォーキングといった軽い長期間の運動を行っている場合には、 ミルキングアクション(足のポンプ機能)の効果により、足は引き締められていきます。 長時間運動しているマラソンランナーに太った人がいないのが良い例です。 あれだけのスピードで長時間の運動。筋肉も発達しているでしょう。 しかし体は引き締まり、普通の人よりスリムな体型です。

 参考文献  一部、電子と医学社「電子と医学vol.529」

 

“毎日忙しくてウォーキングは無理” という方に朗報!!

当院には、10分間乗っているだけで約1時間のウォーキング効果が得られる、今話題の「エクササイズマシーン」(日本成人病予防協会推奨)を設置しております。整体に関係なく、いつでもご自由にご利用いただけるように、皆さんに無料で開放しておりますので、どうぞお気軽にご利用ください。

美容と健康のためにウォーキングを!!

10分で約1時間のウォーキング効果!!

(フジ医療器ダイエットトレーナーDT-20)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seitaicenter.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/68

ページ上部へ