ホーム>新着情報>2017年7月

2017年7月

2017年度お盆の営業について

いつもお世話になっております。

北越谷整体センターです

2017年度のお盆は8/10~8/15にかけまして臨時休業とさせていただきます。

ご了承ください

8/16日により通常営業とさせていただきますので

これからも北越谷整体センターを宜しくお願いいたします

腸スツキリ! 健康法

これは、腸内研究の第一人者、東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎先生の著書のタイトルです。

(PHP文庫 2013年12月18日 第1版1刷)

2014524213233.jpg

今、日本人が苦しんでいる病気にアトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー病や、うつ病などの心の病気があります。ガンで悩んでいる人も増えています。このような病気になっていなくても、すぐイライラしたり、怒りっぽくなっている人、便秘がひどくて肌が荒れたり髪の毛が薄くなったりしている人も増えています。

 

このような病気に苦しんだり、いやな症状に悩んでいる人に、ぜひ読んでもらいたいと企画され、できたのがこの本だそうです。

 

本屋で偶然見つけた本なのですが、仕事柄とても興味深いものがありましたので、早速購入し熟読しましたので、その内容を一部ご紹介します。

 

腸内環境を整えれば、間違いなく万事快調に向かう。

腸を整えれば、免疫力もアップし病気知らずの体になる。

肌や髪がよみがえり、若々しい体になる。

花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギーも改善できる。

うつなどの気分が解消され、幸せ度がアップする。など・・・というものです。

 

なぜなら、腸は食物を消化し、糞便をつくる単なる管ではなく、腸に侵入した病原菌を追い出し、食物を消化し、ドーパミンやセロトニンなど脳の伝達物質やビタミンを合成しているからだというのです。しかも腸は免疫力の70%をつくる、体の中で最も重要な器官だというから驚きです。

 

肌や髪の毛を若々しく保つのに欠かせないビタミンBやCなどの重要なビタミンは、私たちの体では合成できず、実は、腸の粘膜細胞と腸内細菌が共同してつくっているのであると。

 

この、腸の粘膜細胞と腸内細菌との共同作業で、最も重要なことは免疫力をつくることだそうです。したがって腸が乱れていると免疫力が低下して、ガンやアトピー性皮膚炎などアレルギー病が増え、幸せ物資が脳に送られなくなり、うつ病などの心の病気が増えてきているということらしいですよ。

 

つまり、健康維持のためには、いかに腸を整え免疫力をアップさせるか・・・ということに尽きるということになりそうですが、その具体策についても興味深くこの本に書かれていますので、是非オススメしたい一冊です。

 

当院では、施術の一部に当院独自の「内臓機能回復手技法」という特殊な「内臓療法」を採用し、をはじめとした内臓のマッサージを行っているのですが、藤田教授が著書で述べておられるように、の環境を整えることによって、免疫力が高まり身体全体の調子が良くなった、という事例がとても多いのはまぎれもない事実です。

 

当院における、「内臓マッサージ」の体験談は、こちら⇒ 内臓マッサージ

ページ上部へ