ホーム>新着情報>2016年2月

2016年2月

便秘でお悩みではありませんか?

便秘のサムネイル画像

最近当院へご来院されるお客様の中で、便秘でお悩みの方が多いように思います。

そこで今日は、健康管理士の立場から、便秘について述べてみたいと思います。

当院のお客様に限らず、寒い季節になると、なぜか便秘症になるという方や、便秘がひどくなるという方が多いのではないでしょうか。

 

実は、寒い季節になると体が冷えて腸の動きが鈍くなり、水分の摂取量が少なくなるため、腸内の水分が少なくなり、便が出にくい状態になるといわれています。十分な水分補給を心がけましょう。

特にパン食の多い方は、要注意です。なぜなら、パンはご飯に比べて水分量が少ないからです。したがって、パンを食べる時は、十分な水分補給をお忘れなく。その際、お腹を冷やさないためにも、温かいスープや、常温の水がおすすめです。コーヒーや緑茶は、温かい物でも、お腹の中では冷えてしまうので、便秘気味の方は、できるだけ避けた方が良いと思います。

 

肝心の水分摂取量ですが、1日あたり1~2ℓの水分補給をおすすめします。その際、お茶や白湯(さゆ)ではなく常温の水をおススメします。

 

便秘に白湯が良いという説もあります。確かに便秘には良いのですが、カラダ全体の事を考えると、常温の水(沸騰させていない水)がベストと当院ではとらえています。なぜなら、血液や細胞は、酸素を必要としているからです。水には酸素が豊富に含まれていますが、水を沸騰させると酸素は抜けてしまいます。したがって、カラダ全体のことを考えると、白湯より水が良いということがお分かり頂けると思います。

 

(おススメ関連記事)

女性に多い便秘、なぜ便秘になってしまうのか?  詳細はこちら⇒ 便秘

ページ上部へ