ホーム>新着情報>2014年2月

2014年2月

健康管理情報 鰤(ブリ)

ブリ

ブリは青背の魚の中でもトップクラスの栄養を誇り、特にDHAとEPAが多く含まれています。

これらの脂肪酸は学習・記憶能力の向上に加え、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病など生活習慣病の予防効果があると言われています。

また、ブリには糖分やコレステロールの代謝を促進するビタミンB1、B2、ナイアシン、歯や骨の素となり骨粗しょう症を防ぐカルシウムの吸収を促すビタミンDも豊富です。

さらに、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリンが豊富です。中でも血合肉には普通肉の3倍量も含まれているそうですよ~

(参考文献:  日本成人病予防協会 健康管理情報201312号)

 

ところで、このブリですが、成長する度に名前が変わる出世魚とも言われています。スーパーの鮮魚売り場で、イナダやハマチのお刺身が売られているのを良く見かけると思いますが、いずれもブリの成長過程の魚だということご存知でしたか? しかも、大きさによって日本各地で、下記の通り様々な呼び方をされているようです。

10㎝未満(稚魚)~ モジャコ ツバス
20㎝未満~ ワカシ ワカナ ツバス コズクラ ワカナゴ モジャコ ヤズ
30㎝未満~ イナダ ワカナ ツバス コズクラ フクラギ ショウジンゴ

40㎝未満~ ツバス ハマチ アオプリ ヤズ 
60㎝未満~ ワラサ ハマチ フクラギ ハナジロ メジロ メジ

70㎝未満~ メジロ ガンド ブリ マルゴ メジロ オオイオ

80㎝未満~ ブリ メジロ オオイオ スズイナ
80㎝ 超~ ブリ

 

つまり、全国的には、80㎝超のものを、ブリと呼んでいるみたいですね~

しかし、この呼び名は、あくまでも天然ものの呼び名で、流通過程では大きさに関わらず養殖ものをハマチ、天然ものをブリと呼んで区別する場合もあるようです。

 

(参考文献:  ウィキペディアフリー百科事典)

ページ上部へ