ホーム>新着情報>よくある質問>肩こり・腰痛>内臓療法とは?
肩こり・腰痛

内臓療法とは?

内臓療法とは、私が整体を学んだ極理整体専門学院独自の手技療法(特許庁登録商標第4694035号)で、腹部を外側から直接押圧してコリをほぐし、血液の循環を改善して、自然治癒力を高める施術です。
現代病といわれる肩こり・腰痛等は、筋肉のコリや骨格のズレよりも、むしろ内臓の疲労からきている場合が多いのです。事故や怪我による骨折や外傷を除く一般的な肩こりや腰痛等は、その部位の関節を触ったり、マッサージをしたりすればある程度結果がでます。しかし、痛みとは単なるサインであって根本原因ではないのです。
当整体センターでは、肩こりや腰痛であっても、まず不調の根本原因である内臓のコリをほぐし、お客様の症状に合わせて、その部位の筋肉のコリをほぐす施術を行っております。
もちろん、他の整体院同様の施術も行っておりますので、この「内臓療法」は、非常に付加価値の高いプラスαの施術とお考えいただければ良いかと思います。

内臓機能回復手技法

北越谷整体センター「内臓療法とは」の写真

また、当整体センターでは、この「内臓療法」を更に進化させた形で、独自の手技を加え、「内臓機能回復手技法」として、皆様にご紹介させていただいております。
当整体センターの施術は、無痛・ソフト整体です。
頑固な肩こりや、ひどい腰痛でお悩みの方はもちろんのこと、疲れ気味の方、便秘・生理痛・冷え性・花粉症等でお悩みの方、ストレスから来るイライラ・頭痛・めまい・うつ等自律神経失調症気味の方にも、是非おすすめします。当院の「内臓機能回復手技法」を受けた、元読売巨人軍角投手にも、その手技療法を絶賛していただきました!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seitaicenter.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/216

ページ上部へ