ホーム>新着情報>院長日記>健康管理情報 さけ(鮭)
院長日記

健康管理情報 さけ(鮭)

健康管理情報 さけ(鮭)

さけは赤みを帯びているので赤身魚と思われがちですが、実は白身魚に分類されます。

さけの赤い色は「アスタキサンチン」という色素成分で、非常に抗酸化作用が強く、動脈硬化、がん、白内障、胃潰瘍などの予防に効果的だといわれています。

また、さけは消化、吸収の良い良質なタンパク質に富み、脂肪分もEPAやDHAなど不飽和脂肪酸が中心の健康に良い食材です。EPAやDHAは、学習、記憶能力の向上に加え、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病の予防に役立ちます。

これら以外にも、核酸の代謝を促進するアルギニン、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB群や、D、Eなども多く含まれ、血行を促進し、炎症を鎮め、乾燥肌の保護や美肌づくりに効果的に働く食品です。

なお、この「さけ」に含まれる栄養成分の「アスタキサンチン」の抗酸化力は、一説によるとビタミンEの約550~1000倍にも相当するといわれています。

何となく食している「さけ」ですが、健康な体づくりの為には、とても貴重な食材であることがお分かりいただけたのではないかと思います。

ところで、「さけ」の皮の部分は食べていますか?

残す人が多いのではないかと思うのですが、私は家族が残した分までぜぇんぷ食べてしまいます。そこが美味いんですから~

あと、その皮の部分をから揚げにすると、酒のつまみに最高ですよ。

お試しあれ!!

(参考文献:日本成人病予防協会健康管理情報201309号)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seitaicenter.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/50

ページ上部へ