ホーム>新着情報>2013年12月

2013年12月

健康管理情報 ゆず

健康管理情報 ゆず

ゆずにはビタミンCやクエン酸が豊富に含まれています。

風邪予防や免疫力の強化、美肌に欠かせないビタミンCの含有量は、レモンの3~4倍と言われるほど豊富です。

特に皮の方が栄養価が高く、ビタミンCは果汁の4倍近く含まれています。

また、クエン酸は、カルシウムなどのミネラルの吸収を助ける働きや、疲労回復効果があります。

日本では、昔から冬至にゆず湯に入る習慣がありますが、皮ごとお風呂にゆずを入れることで成分がお湯に溶け出し、ビタミンCの美肌効果や風邪予防効果、ビタミンEの血行改善効果、クエン酸の殺菌効果などが期待できます。

つまり、ゆず湯に入ると美肌効果や風邪予防だけではなく、血行改善効果によって、冷え性や神経痛、腰痛を和らげる効果もあるということですから、絶対入るべしですよ!

ある調査によると、ゆずを入れたお風呂とそうでないお風呂に入浴した後、血管を収縮させる効果のあるノルアドレナリンを比べたところ、なんと4倍の差が出たそうです。

それだけ、ゆず湯の方が血管が拡張していたということで、血流が良くなるのもうなずけます。

ところで、冬至になぜゆず湯に入る習慣があるのかご存知ですか?

冬至は一年中で一番夜の長い日(12月22日頃)で、昔は「死に一番近い日」と、いわれており、その厄を払うために体を温め、無病息災を祈っていました。

この慣わしが現在も続いているのだそうです。

(参考文献:日本成人病予防協会健康管理情報201310号他)

健康管理情報 大根

健康管理情報 大根

大根の根の部分には、でんぷんの消化酵素であるジアスターゼが多く含まれているほか、グリコシダーゼなどの酵素が含まれているため、食物の消化を助けるとともに腸の働きを整える作用があり、胃もたれ、胃酸過多、胸焼け、二日酔いに効果的だといわれています。

ジアスターゼには、焼き魚の焦げた部分に含まれる発がん物質の解消をはじめ、高い解毒作用もあり、付け合せの大根おろしなどはまさに理にかなった食べ方といえそうです。

また、大根の葉の部分は、根よりも栄養が豊富で、ビタミンC、β-カロテン、カルシウム、鉄などが豊富に含まれ、優秀な緑黄色野菜といえます。

したがって、大根は白い根の部分だけではなく、葉も工夫して食するようにした方が、健康な体づくりの為には良さそうですよ!!

ところで、我が家の愛犬マロンは、刺身のツマである大根が大好物なんです。

あげると喜んでいくらでも食べてしまうのですが、犬って大根が本能的に体に良いことを知っているのかも?ですよ。

↓この犬が、そのマロンです。

この犬が、そのマロンです

健康管理情報 ごぼう

健康管理情報 ごぼう

ごぼうの旬は11月から1月ごろです。

食物繊維の多い野菜の代表格で、水溶性食物繊維のイヌリン、不溶性食物繊維のヘミセルロース、リグニンなどを豊富に含んでいます。

水溶性食物繊維には悪玉コレステロールを排出する働きや、血糖が急激に上昇するのを防ぐ働きもあるため、動脈硬化や糖尿病の予防に役立ちます。イヌリンは腎機能を高め、利尿作用もあります。また、不溶性食物繊維は、水分を吸収して便通を促します。

微量成分であるリグニンは、腸内の発がん性物質を吸着し、大腸がんの発生を抑 制する作用があるといわれています。

このほか、ビタミンやミネラル類、利尿作用があるカリウムや、性ホルモン分泌に役立つアルギニンも含まれています。

何となく食している「ごぼう」ですが、健康な体を維持するためには欠かせない食材と云えそうです。

大いに食べましょう!!

きんぴらごぼうなんぞ美味しいですよねぇ~

中国では昔から、ごぼうは、解熱・解毒・せきを鎮める薬として使われているそうです。

(参考文献:日本成人病予防協会 健康管理情報201310号)

健康管理情報 ししゃも

健康管理情報 ししゃも

ししゃもは産卵時期の10月下旬から11月が旬といわれています。

丸ごと食べられるため大変バランスの良い食品ですが、特に子持ちししゃもは、たんぱく質やカルシウムに加えてビタミンAやB2、DHAやEPAなども豊富に含まれています。

なかでもカルシウムは牛乳の約4倍と言われるほどで、丸ごと食べれば、5~6匹で1日に必要なカルシウムが取れるため、カルシウムが不足しがちな現代人にはおすすめの食品です。

ところで、ししゃもは日本だけに分布する日本固有の魚で、しかも、北海道の太平洋岸にのみ生息する魚だってことご存知でしたか?

ふだん街の居酒屋やスーパーで、子持ちししゃもとして親しんでいる魚の90%は外国から輸入されたもので、カラフトししゃも(英名:カペリン)といい、ししゃもと同じキュウリウオ科の仲間ですが、ししゃもでは無いそうです。

見た目はししゃもに似てますが、アジは全く別モノらしいですよ~

でも、栄養価については、ほとんど同じということですからご安心ください。

参考文献:日本成人病予防協会 健康管理情報201310号・釧路市漁業協同組合HP

健康管理情報 りんご

健康管理情報 りんご

りんごの栄養的特徴は、ペクチン、カリウム、ポリフェノールを豊富に含んでいることです。

水溶性の食物繊維であるペクチンは、腸内に入った時に、消化物やコレステロールなどを包み込んで、腸内を刺激し体外に排泄させやすくする働きがあり、便秘の改善や高血圧予防に効果があります。

さらに、腸内の乳酸菌の生育を促進し、悪玉菌の活動を抑え、善玉菌を増やす働きがあります。

りんごの皮に多く含まれるポリフェノールは、活性酸素の働きを抑制し、がんをはじめ、生活習慣病を予防する効果があります。

さらに、りんごの酸味のもとであるりんご酸とクエン酸は、疲労回復、食欲増進などに効果があり、日本ではお見舞いの定番として選ばれる、体に良い果実として知られています。

このように、りんごは体にとても良い食材であるということがお分かりいただけたのではないかと思いますが、その他、貧血の予防や虫歯予防、太り過ぎの予防にも効果的であるという説もあります。

なお、りんごは皮の部分に食物繊維が多く含まれていることから、りんごを食べるときは、皮をむかずに丸かじりした方が健康増進のためには良さそうですよ~

(参考文献:日本成人病予防協会 健康管理情報201309号)

なぜ、ぎっくり腰など酷い腰痛や肩こりが、すぐに楽になるのか? 

大きな要因は次の二点かと思われます。

一般的な施術院(整体・マッサージ・カイロプラクティック等)では、基本的に骨格及び骨格筋のみに着目した施術が行われていますが、当院では、骨格・骨格筋のみならず、“内臓筋”にまで着目した特殊な施術を行っているからです。

当院では、“健康管理士”と特殊な“内臓療法”の資格を有する整体師が“内臓マッサージ”も行っているのです。
なぜなら、ひどい腰痛や肩こり、その他の症状は“内臓機能の低下”から発症している場合が多いからです。
つまり、当院では、腰痛・肩こり・その他症状の根本原因にまでさかのぼって働きかけているというわけです。
当院のほぐしは、“内臓筋”+“骨格筋”・・・ しかも
単なるほぐしではなく、筋肉を痛めない特殊な手技押圧だからソフトでありながら、効くぅという感じで、揉み返しも無いのが特徴なのですよ。
特に、腰部のほぐしは、手技による特殊なほぐしで、ぎっくり腰や慢性的な腰痛にはとても効果的なのです。
人体構造・筋肉構造・痛みの専門研究者 坂戸孝志氏によれば、「肩や腰部のほとんどの痛みは、筋肉の硬直である」「筋肉が軟らかくなれば痛みは消える」と主張されていますが、私もまさしくその通りだと思っています。
当院では、坂戸氏の理論に加え、“なぜその骨格筋が硬直するのか”・・・という視点からも考察しているのです。
だから、ひどい腰痛や肩こりが、不思議なくらい、すぐに楽になってしまうのかもです。

手技による施術中に、内臓及び腰部の筋肉の細胞にまで働きかける“超短波療法”を同時並行的に行っているのも、効果的な要因の一つと思われます  

施術院における超短波等の電気療法は、手技による施術とは区別され、それなりの時間と料金が発生しますが、当院では手技中に透射しますので料金は発生しません。あくまでも患者さまのために効率良く、早く楽になっていただきたいという願いを込めて、サービスの一環として行っているのですよ。
当院の治療器は、90年以上歴史のある伊藤超短波社製です。

超短波とは・・・

超短波は、1秒間に数千万回の振動をする電波の一種です。
超短波を体に透射すると、+と-の電気をもつ細胞の分子が1秒間に数千万回回転運動して、摩擦運動を起こします。その結果体内深部より熱が発生します。
この熱は、体の表面を暖めるカイロやホットパックとは異なり、体内の深部から発します。
その結果、毛細血管が拡げられ、血液の流れが非常に良くなるのです。体の中の血液循環が良くなるので、細胞の働きは活発になり、新陳代謝が高まります。また消化吸収に大切な胃腸の働きも良くするという代物なのですよ。

超短波の効果は・・・

超短波による温熱効果には、次のような効能・効果があると云われています。

  1. 疲労を回復する効果
  2. 血行を良くする効果
  3. 筋肉の疲れをとる効果
  4. 筋肉のこりをほぐす効果
  5. 神経痛・筋肉痛の痛みを和らげる効果
  6. 胃腸の働きを良くする効果など

超短波の効果て、すごいと思いませんか・・・

以上のことから、おわかりかと思いますが、当院の施術は、他院ではほとんど見られない「内臓療法」と「超短波療法」を採用していますので、その相乗効果に加え、当院独自の手技による「特殊なほぐし」こそ、更なる効果を引き出す要因となり、ぎっくり腰をはじめとした、ひどい腰痛や肩こりであっても、驚くような結果が出てしまうのではないかと思うのです。

 

当院は、ぎっくり腰の解消を得意としております。

ぎっくり腰に関する詳細情報は、こちら⇒ ぎっくり腰

越谷でソフト整体なら北越谷整体センターへ!!

越谷でソフト整体なら迷わず当院へお任せください!!

当院では、予防医学のスペシャリスト「健康管理士」と特殊な「内臓療法」の資格を有する整体師が、責任をもって施術させていただきます。

腰痛・肩こり・全身疲労等でお悩みの皆さん、ぜひ一度、当院の無痛・ソフト整体「内臓機能回復手技法」をお試しください。

当院には、越谷市の他、さいたま市・川口市・戸田市・草加市・春日部市・吉川市・三郷市・蓮田市・松伏町・千葉県野田市・柏市・松戸市・千葉市方面からも多数ご来院いただいております。

北越谷整体センター 代表 鞘脇 良文 (さやわき よしふみ)

野球評論家元巨人軍角投手対談

野球評論家元巨人軍角投手対談
野球評論家元巨人軍角投手対談

 ↑画像をクリックすると拡大してご覧頂けます

『街の健康オアシス』として、地域に密着したユニークな整体センター

対談 北越谷整体センター 代表 鞘脇良文 × 野球評論家 角 盈男氏

 


本日は北越谷整体センターさんにお邪魔しています。こちらはオープンされて間もないそうですが、まずは沿革からお聞かせ願えますか。

 

鞘脇
ここは今年1月に開業したばかりです(対談日:平成22年4月21日)。
私は長年、化粧品メーカーに勤務しており、〈美と健康〉をテーマに取り組んできたのですが、
化粧品や健康食品だけではなく、やはり骨格や筋肉レベルの働きかけも必要だと考え、整体のノウハウや技術を利用することで、本当の意味での〈美と健康〉を実現できると実感し、勤務の傍ら極理整体専門学院で勉強を始めたのです。

 


代表はオリジナルの手技で施術しておられると伺いましたが。

 

鞘脇
東洋医学に基づいた「内臓機能回復手技法」を得意としています。
これは腹部を押圧することで内臓及びその周辺の筋肉のこりをほぐし、血液循環を正常な状態に戻していくことで自然治癒力を高め、様々な症状を改善していく手技です。

 


私も職業柄、各地の整体院で施術を受けてきましたが、内臓にまで着目した施術というのは初めてです。

 

鞘脇
最初は意外と思われるかも知れませんが、現代病とも言われる肩こりや腰痛などは筋肉のこりや骨格のズレよりも、むしろ内臓の疲労からきている場合が多いのですよ。
また「未病」と呼ばれる体のだるさや気分の落ち込み、不定愁訴なども内臓のバランスが崩れ自然治癒力が低下しているために起こるケースが多いのです。

 


「病院や様々な施術院に何年通っても、肩こりや腰痛が治らない」とおっしゃる方は非常に多いと思いますが、実は内臓にも原因があったのですね。

 

鞘脇

そうです。一時的に痛みや違和感が解消されてもすぐに痛みが繰り返す場合は内臓へのアプローチが必要だと思います。
また、我々は痛みや違和感といった身体症状だけでなく、イライラや気持ちの落ち込みが激しいといった精神的な症状も内臓の機能低下と読み取っています。

 


施術を受ければすぐに効果を実感できるのでしょうか。

 

鞘脇
ええ、施術前後に姿勢を見ていただくのですが、ご自身でも一目瞭然なほど変化がわかります。
見た目もさることながら「ああ、楽になった」と、心も体も体感していただけるのが何よりですね。
当センターのホームページでは、施術を受けられた方々の生の声(体験談)を公開していますので、一度ご覧いただければと思います。

 


職業柄と諦めていたのですが、実は私も長年腰痛に苦しんでいましてね。

 

鞘脇
腰痛は腎機能の低下から来る場合が多いのですが、腎機能が低下すると腰痛になるばかりか、足がつったりむくんだり、冷えたりしますよ。

 


確かに足もよくつります。それが腎機能と関係していたとは驚きました。

 

鞘脇
人間の体というのは一か所が悪いと様々な所に症状が広がります。
しかし、それを嘆くのではなく逆に利用して、体からのサインだととらえていけば「未病」の段階で改善していけるのですよ。
薬事法の関係で整体師は病気に関する指導を行ってはいけないのですが、私は「健康管理士一般指導員」の資格も取得しておりますので、
危険信号を出している内臓の機能回復にはどのようなことをしていけばいいか、生活習慣や食習慣などを含めてトータルでアドバイスさせていただいております。

 


「生活習慣や食生活の改善は健康への近道」と頭ではわかっていてもなかなか実現できませんが、身近な整体の先生にアドバイスして頂ければ心強いですね。

 

鞘脇
他にも当センターでは小中高生の野球少年を対象にスポーツ障害に対してボランティア価格(1回500円)で施術しているのですが、局所施術とともに内臓療法も行っています。
「心身ともに健康になってほしい」という思いはもちろん、内臓と体の関係に意識を持ち、子供達に健やかに成長してもらいたいという思いも込めています。

 


野球少年は500円とは嬉しいですね。野球関係者にとって非常にありがたいサービスです(笑)。

 

鞘脇
私もずっと野球をやっていまして、少年野球のコーチも務めましたから、これからは健康サポートという側面から野球少年たちを応援していきたいと考えています。
私の施術の根底には〈地域の皆様が真の健康を得て、生き生きと充実した生活を送っていただけるように〉というボランティア精神があります。
10分で1時間のウォーキング効果が得られるエクササイズマシーンも無料で開放しておりますので、地域の方々の健康コミュニティの場として気軽に利用していただけたら幸いです。

 


地域の健康を守る『街の健康オアシス』として、一層のご活躍を応援しています。本日はありがとうございました。 

ソフト整体でおなじみの北越谷整体センターへ!!

ソフト整体でおなじみの北越谷整体センターへ!!

当北越谷整体センターでは、予防医学のスペシャリスト「健康管理士」と特殊な「内臓療法」の資格を有する整体師が、責任をもって施術させていただきます。
腰痛・肩こり等でお悩みの皆さん、ぜひ一度、当北越谷整体センターの無痛・ソフト整体「内臓機能回復手技法」をお試しください。
野田市・松伏町・越谷市花田方面からは、北越谷駅行きのバスが便利です。
(終点 北越谷駅下車 東口駅前通り 徒歩2分 駐車場有)

 

とーよみnetで紹介されました

下記のURLをクリックするとご覧いただけます。
野球少年たちに役に立てばと思い始めた「野球少年整体500円」が、地域情報紙「とーよみnet」に掲載されました
とーよみnet の記事はこちら
 

ページ上部へ